トゥールダルジャン東京店のランチ訪問記とお得な予約方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは湯吉です。香港旅行記もまったく進んでいませんが、トゥールダルジャン東京にランチに行ってきました。記憶のはっきりしているうちに記事にしないと(苦笑)。

トゥールダルジャンといえば、泣く子も黙るフランス料理、グランメゾンの老舗です。本店はフランスのパリ、セーヌ川のほとりにあります。本店の前までは行ったことがあります、入ったことはありません(笑)。

パリの本店は長くミシュランの3つ星を保持していましたが、近年は本店、そしてこちら東京店ともに1つ星。ま、近年のミシュランはクラシカルなスタイルの店に星が厳しいですかね。

ちなみにパリの本店は1594年開業!? の超老舗。こちら東京は赤坂、ホテルニューオータニの支店は1984年に開店、それでも30年以上の歴史を有します。ちなみに、東京店は世界中で唯一の支店とのこと。

こちらのトゥールダルジャンは、基本的に営業は夜のみ。時々、ランチもやるよ、そういうスタンスの営業方針です。

トゥールダルジャン東京 6月のランチ

予約方法

予約は電話はもちろん、公式HPからインターネット経由でも可能です。今回、管理人はインターネットで予約をし、メニューのやり取りをメールでさせていただきました。

約400年の歴史を誇るトゥールダルジャン。伝統を継承しながら、常に革新を続け、時を超えてフランスのエスプリである「アール・ドゥ・ヴィーヴル」(美的生活)をお伝えし、人生の幸福な時間を彩る存在として、フランスと日本の食文化の架け橋として歩んでいるトゥールダルジャン東京の世界をひも解きます。

昼のメニュー

ランチメニューは、公式HPで確認できます。コースは9000円、15000円、22000円(税・サービス料別)となっていて、基本的にランチはコースのみの注文です。夜のコースは18000円からで、アラカルトもあります。

ランチのコースには、アラカルトのメニューが多く組み込まれていますので、かなりお得になっています。また、事前にメニューの選択および予約が必要ですが、ランチでも夜のメニューや、アラカルトの注文が可能です。今回は、9000円のコースに、アラカルトからいくつか料理の交換をお願いするという形でメニューを組みました。料理によっては追加料金が必要ですが、かなりお得な構成になったと思います。

予約日直前や、混雑具合によっては、受けられないこともあるようですので、事前にしっかりとお店と相談してください。僕は今回、3日前にお願いしています。

訪問記

トゥールダルジャン東京は、赤坂のホテルニューオータニ本館のロビー階にあります。地下鉄の赤坂見附駅からのアクセスが良いと思います。徒歩10分くらいでしょうか。

ただし、ホテルニューオータニがかなり大きいので、慣れないとちょっと迷うかもしれません。メインやタワー館などいろいろありますので。

トゥールダルジャン東京
DSCF0237

長いエントランスを抜けて、予約の名前を告げると、すみやかにダイニングルームに案内されます。ダイニングルームは天井が高く、アール・ヌーボー調の設え、マキシムがなくなり、レカンが改装されてしまった現在では、ほぼ唯一といってよい貴重な内装です。この雰囲気を感じるだけでも、訪れる価値があると思いました。

テーブルは大体7割くらいが埋まっていました。電話での問い合わせをちらと耳に挟んだ感じでは、当日の問い合わせは断っていたようですので、ランチに関しては予約は必須と思っていたほうが良いかと思います。
DSCF0238

飲み物の注文後、今回は予約時にメニューを決めてありましたので、パンがサービスされます。温かいプティバケット1種のみですが、しっかりと味のあるパンで美味しかったです。ちなみにバターは1切れずつ、無くなるたびに給仕の方がサービスしてくれます。ナプキンも、膝にひいてくれます。イタレリツクセリ。これはトゥールダルジャンの流儀なのか? それともニューオータニゆえでしょうか?

トゥールダルジャン東京

ということで、長くなってしまったので、肝心のお料理は次の記事へ引っ張ります(笑)。

トゥールダルジャン東京でランチの鴨料理とフォアグラ三皇帝風
トゥール・ダルジャン東京店のランチコース。フォアグラ、サーモン、舌平目、ブロッシェ、鳩、鴨などフランス料理らしい素材が勢揃い。フレンチレストランの王道的美味しさを楽しめます。料金もディナーに比べればリーズナブル、昼の明るい開放的な雰囲気もなかなかです。

店舗情報

トゥールダルジャン東京店
住所:〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4−1 ホテル ニューオータニ 内 ザ メイン ロビー階
営業時間時間: 17時30分~20時30分 (ランチ営業は不定)
電話: 03-3239-3111
予約:ほぼ必須

400年の歴史の中で育んだ、フランス料理の真髄を最高級のおもてなしで...。 <ザ・メイン ロビィ階> プライベートルーム“サロン・フレデリック” 一万坪の日本庭園を臨むエレガントで落ち着いた個室「サロン・フレデリック」。大切...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする